NEEL

横浜ランドマークタワー グランドセイコーマスターショップ セイコーウオッチサロン

来店予約

045-225-8226

スタッフブログ

PROSPEX

PROSPEX 1959 アルピニスト 復刻デザイン「SBEN001」(1,959本限定)

本日は、PROSPEX 1959 アルピニスト 復刻デザイン「SBEN001」をご紹介いたします。

1959年に誕生した「ローレル アルピニスト」誕生から60年以上が経過した2021年、セイコーのスポーツウオッチの原点である「ローレル アルピニスト」のデザインを継承する数量限定モデルが登場します。オリジナルモデルのデザインを忠実に再現しながらも、最新技術を取り入れ、プロスペックスの名にふさわしい高い実用性と機能性を兼ね備えています。

大ぶりのウオッチパッドが印象的な「ローレル アルピニスト」ですが、機能的にも、タフな環境に耐える実用時計としてのスペックを満たしていました。埃や砂が入り込まないよう、気密性の高いスクリューバックを採用し、レザー製のウオッチパッドは汗から時計を守る役割を果たしました。時分針とすべてのインデックスに塗布された夜光塗料、3時、6時、9時、12時の大きく一目で認識できるくさび型のインデックスは、昼夜を問わない高い視認性を担保し、実用性の高い腕時計としてファンに支持されました。

今回の復刻では、特徴的なインデックスのレイアウトやケースデザイン、ガラス形状に至るまで、オリジナルモデルのデザイン意匠を忠実に再現しながら、大幅なスペックアップを実現しました。当時の意匠と現代の最新技術と組み合わせることでセイコー スポーツウオッチの原点であるオリジナルモデルが、高い実用性とともに現代へと蘇ります。

なだらかな形状が特徴的なドーム型のガラスは、ボックス型サファイアガラスにスペックアップ。内面無反射コーティングを施し、ストレスのない視認性を実現しています。

ストラップのステッチデザインはオリジナルモデル同様に独特の模様を再現しました。

3時・6時・9時・12時位置に配されたくさび型のインデックスにより、水平と垂直が明確に判読できるレイアウトは、時分針およびインデックス上にしっかりと施されたルミブライトとも相まって、高い視認性を実現しています。この4箇所のインデックスに施された意匠は、「アルピニスト」の語源ともなった、連なり続く峰々の景色を彷彿とさせます。

時計の心臓部であるムーブメントには、セイコーの現行機種において最も薄い自動巻キャリバーである6L35を採用しました。オリジナルモデルにはないカレンダー機構を追加しましたが、薄型キャリバーを採用することで厚みの増加をわずか1.0mmに抑えています。

ぜひ店頭でご覧ください。

SBEN001

一覧に戻る

カテゴリー

年別アーカイブ

PAGE TOP

来店予約